夫婦の倦怠期のイライラの克服方法

倦怠期のイライラを夫婦で乗り越える方法

晴れて夫婦となった2人、きっと
「いつまでも仲良しでいようね」と約束し合った
のではないでしょうか。

 

新婚当時には2人で一緒に、たくさん話して
笑い合っていたはずなのに、いつの頃からか事務連絡
しかしなくなり、すれ違うことも多くなったという夫婦も
いるかもしれません。

 

気が付いたら相手のやることなすことにイライラして、
たまの休みにも関わらず一緒に過ごす時間が少ない
なんてことも起きてしまいます。

 

このように、結婚し日常生活を一緒に過ごすことになる
夫婦の間には、ある程度年月が経つことで倦怠期は
やってきてしまうものなのです。

 

そこで今回は、夫婦のイライラを解消し倦怠期を乗り越える
にはどうしたら良い蚊についてご紹介します。

 

夫婦に倦怠期が訪れる原因とは

 

夫婦が倦怠期に陥ってしまうのには、夫婦毎に
様々な原因があるため、一概にコレ!と断言は難しいものの、
よくあるきっかけとしては会話が減ってしまうということがあります。

 

結婚した当初は色々なことを話し会話を楽しむ
機会が多いものの、毎日一緒に生活していく中で
、お互いの会話に対する反応が予測できるように
なっていきます。

 

すると、「これを言ってもきちんと考えて返してくれないよね」
「話したところでイライラして、ケンカになるからやめておこう」
などど、会話をする機会が減っていってしまうのです。

 

夫婦の関係を円滑に保ち、より過ごしやすくして
いくための判断が、倦怠期をもたらす原因と
なってしまうのです。

 

そしてもう1つ、夫婦になり生活を共にすることで、
日常が当たり前になり、特別感がなくなってしまう
ということも、倦怠期を招く原因となります。

 

結婚する前の恋人という関係では、お互いの生活を
全て負うわけではないので、非日常の時間を過ごす
ことができます。

 

ところが結婚し夫婦として生活していくと、最初は
その生活が非日常的な感覚で楽しく過ごせますが、
それが長くなると夫婦としての生活が日常となり、
特別感がなくなってしまうのです。

 

もちろんそれは、安心して寛げる空間を夫婦で作り
上げることに成功したということになり、とても
素晴らしいことです。

 

しかし残念ながら、そういった日常が当たり前になり、
夫婦の存在もお互いにとって当たり前になることで、
倦怠期はやってきてしまいます。

スポンサーリンク

夫婦に訪れた倦怠期を乗り越える方法

 

夫婦間で会話が減ってしまうことで倦怠期に
突入してしまうと、そのまま事務的な会話しかお
互いにしなくなってしまいます。

 

そして、それが一緒にいる時間を減らすことに
も繋がり、倦怠期を長引かせてしまう
原因にもなりかねません。

 

やはり会話はコミュニケーションになるため、
倦怠期を乗り越えるためにとても重要なことなのです。

 

あまり会話がない状態で過ごしてきて、
いきなり積極的に会話をするということに
不自然さを感じる方もいるかもしれません。

 

そのような時には、何かあった時に積極的に
「ありがとう」「ごめんね」を相手に伝えることが
おすすめです。

 

どちらの言葉も自然に起こる感情ですし、
言われてイライラしたり、嫌な気分になる
言葉ではありません。

 

自分から伝えることで、相手の心もまた
変化してくるはずです。

 

そして、時々2人でデートをしましょう。

 

お子さんが小さくてなかなか外出が難しい場合には
、結婚記念日や誕生日などの特別な日だけでも構いません。

 

その時だけ周囲の人に協力してもらい、
2人の時間を作ってみてください。

 

デートする時のおすすめは、あえて外で
待ち合わせすることです。

 

1つ屋根の下で生活していると、外出する時には
一緒に家を出るという機会がほとんどではないでしょうか。

 

外で待ち合わせするということも、ちょっとした
非日常な特別感を作り出すことができます。

 

夫婦に訪れる倦怠期は、2人の仲をより
良くするためのものです。

 

ちょっとした工夫をすることで、日常生活に特別感を
もたらすことが可能になるので、ぜひ試してみてください。

関連ページ

夫婦の倦怠期はいつ訪れるのか?
倦怠期は今ラブラブの恋人、夫婦、にも起きるか可能性があります。何時頃始まっていつまで続くのか、どうしたら倦怠期を克服して仲良い夫婦にもどれるのか、ここでは解決方も探ってみました。
決検した後の倦怠期はいつ訪れるのか?
倦怠期は今ラブラブの夫婦、にも起きるか可能性があります。結婚した後何時頃始まっていつまで続くのか、どうしたら倦怠期を克服して仲良い夫婦にもどれるのか、考察してみました。