倦怠期のLineは逆効果、しないほうが良い場合も!

倦怠期のラインで「しない」こととは?倦怠期に起こるラインの特徴とは

付き合いたての頃は、1日に何度もラインでのやり取り
をしていたのに、いつの頃からかラインの頻度が減っている、
というカップルも多いのではないでしょうか。

 

お互いを知っていくことで慣れや飽きが生じ、感心が
薄れていってしまう倦怠期は、ラインという連絡ツールにも
2人の実態が如実に表れます。

 

例えば、かわいいスタンプを送り合っていたのに、
倦怠期に突入した頃からそういったことがなくなったり、
返事が事務的で、時にはスタンプだけだったりと内容が
希薄になっていきます。

 

そして、ラインで連絡を取り合う頻度もグッと減っていきます。

 

1日1回恋人とやり取りがあるならまだ良い方で、
カップルによってはラインしない状態で1日が
終わってしまうということもあるのです。

 

そういった点から考えると、倦怠期とラインには
深い相互関係があると言えるでしょう。

 

そこで今回は、倦怠期のラインで「しない」ことを挙げ、
倦怠期中のラインの特徴をご紹介します。

 

|倦怠期を乗り越えるには気軽にラインしたり話を広げようと「しない」

 

倦怠期では相手への関心が薄れる時期なため、
何か話をしても「ふーん」で終わってしまうことが
多くなります。

 

会話をすることで、感情が揺れることがなくなっている倦怠期に
、ラインというツールで話をしても、ある種の作業と化して
しまっているため広がることがありません。

 

そのため、お互いに盛り上がるような話をラインではしない
時期が続いてしまいます。

 

そのような時は、一度思い切って1週間ほど完全にラインをしないで、
様子を見てみるというのも刺激になるかもしれません。

 

しかし本格的に連絡がとりづらくならないよう、例えば、ラインしないで
過ごした1週間の終わりに「今週もお疲れ!」という簡単なメッセージ
を送るようにすることがおすすめです。

 

簡潔なラインであれば、相手も返事が楽にできますし、
自然消滅を防ぐこともできます。

スポンサーリンク

 

大切な用事がないとライン「しない」|倦怠期を乗り越え方

 

よほど大切なことがない限り、ラインをしないことが
増えるのも倦怠期です。

 

これは筆不精な人に特に多い傾向があり、
恋人との関係が安定し慣れてしまう倦怠期では、
ラインが面倒くさいと感じるようになることから起こります。

 

元々まめに連絡をとるようなタイプではないところに
、安心感による倦怠期で、自分の予定を知らせることも
減ってしまい、相手への質問などもしなくなります。

 

そしてこちらからの連絡にも、なかなか既読がつかなかったり、
既読スルーされることもあり、イライラしたり不安に
なることもあるかもしれません。

 

しかしあまりしつこく連絡してしまうと、倦怠期中の相手に
マイナスに映ってしまうので避けた方が良いでしょう。

 

大事なことは連絡がくる、ということで折り合いをつけ、
相手のラインのペースに合わせてみることも大切です。

 

そのためにも自分のプライベートを充実させ、ラインをしない
状況を気にならなくさせることも、倦怠期の不安を乗り切る
1つの方法と言えます。

 

倦怠期にラインをしないことによる寂しさを吹き飛ばしながら、
自分磨きも兼ねることができるので、まさに一石二鳥です。

 

そして自分磨きをして恋人に会うことで、あなたが魅力的に
うつる可能性も飛躍的に上がり、それが倦怠期を早く
乗り越えることにも繋がります。

関連ページ

彼氏が倦怠期なのかLineで分かる方法とは?
倦怠期は今ラブラブの恋人、夫婦、どのカップルにも起きるか可能性があります。何時頃始まっていつまで続くのか、どうしたら彼氏の倦怠期を克服して仲良いカップルにもどれるのか、倦怠期に入ったLine,メールの特徴とは?
カップルの倦怠期に手紙を書いて倦怠期を克服する
倦怠期は今ラブラブの恋人、夫婦、どのカップルにも起きるか可能性があります。何時頃始まっていつまで続くのか、どうしたら倦怠期を克服して仲良いカップルにもどれるのか、ここではパートナーに手紙を書いて倦怠期を乗り切る方法を紹介します。